瀬戸内英語学院 「思うがままに」

教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと。
「思うがままに」ってことで 嬉しいこと、感動、驚き、幸せ、などを「思うがままに」記してみよう。
そして、不平、不満、も、ポジティブに、が、エクセントリックにやっていこう。
<< !?!?!?!?!?!?!?!?!?!? | main | the old year and the new year >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
備忘録として



 勉強することにある「知」は時には野外で狩らねば、と思うのです。

シェルターから出て「知」という獲物を狩らべば、と思うのです。


  と、前回に書き終えたところからさらに、と思っていたのですが、

幾度もチャレンジしては消すばかりの下書きばかりでした。

で、ここで一気に載せておかねば、なんとなく糞詰まり状態で気持ちが

悪いので、誤字脱字はいつものことながら、書き終えておかねば、です。


 で、この「くるくる寿司」、別の言い方をすれば、「知」を与えられるだけの

環境でいれば、「知」を狩る・「知」を獲る本能が退化してしまっている

場合があるのです。自分から求める姿勢が退化してしまっている、

こんな現象を見ることがあります。

そして、待望の高校生活に入って「バイキング料理」のように環境に入り、

しかも「フィットネスクラブ」があり「カルチャークラブ」のある緩い公立の

しかも、地元で「有名校」と冠のついた高校にはいると、全然、「知」を狩る

慾望すらなくなってしまいます。

いまさら屋外に出て、危険を冒して、ライオンを狩ることも、鯨を獲ることも

なくなってしまいます。

と、思っていたのですが、ゴクゴク少数の「このままではダメだ!」と

感じている高校生に会います。痛感しているのではなくて、「ダメだ!」と

腹の奥でシクシクと不安の信号を出している、こんな生徒に出合うことがあります。

このサインの一つは、うちの塾生の場合は、本人に粘着性がある、本人も親も

直前の結果を求めていない、そして、親が生活・教育全般に頑固である、

この特徴が見られるってことです。

高1生の早期対塾生の特徴は、本人が勉強に淡白である場合、

学校の各種テスト結果を過度にor細かく気にする場合、塾を渡りあるく場合、

この場合は残念ながら早めの退塾となります。

で、ここから塾ではさらに重層的演習問題となり、学校勉強とは進路の異なる

単語・文法・文章構造の勉強が厚くなり、大学入試の基礎勉強がプラスされる。

この勉強手法を大局的に親が受け入れて下さる、

これが「瀬戸内英語学院」の勉強流儀ですね。

ただただ大学入試のための勉強です。

大学入試では「くるくる寿司」or「バイキング料理」方式の

屋内勉強技術だけでは通用しないものが多く含まれています。

熱い寒いといった自然環境、また身体環境に関係なく「知」の獲得を激しく

求め、求められる勉強過程、これを難関大学(こころのエベレスト)は求めます。

この「知」を狩る、獲る、勉強をこの塾では強烈に行っていくのです。

突き詰めれば「知の野人」―intelligent barbarian―これがうちの塾生の

姿、この姿を作っていく「勉強道場」これが、「瀬戸内英語学院」の本体である

ってことです。


 駄文を連ねました。「くるくる寿司」と「バイキング」に関しては終わりとします。


 蛇足ながら、

 2年ほど前から大学受験専科としたのですが、毎年のように中学生コースの

問い合わせがあります。そこで思いきって上記のような趣旨での「短期講座」を

開講することにしたのです。この講座の問い合わせを頂いています。

1名でも強い勉強生を作っていくつもりです。強烈な受験生を育てていきます。

ますます頑固な「勉強道場」となります。




 「中学英語短期集中講座」に関して 

 「
Today's Lesson 」 へ




| setouchi-eigo | 思うがままに | 03:05 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:05 | - | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE