瀬戸内英語学院 「思うがままに」

教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと。
「思うがままに」ってことで 嬉しいこと、感動、驚き、幸せ、などを「思うがままに」記してみよう。
そして、不平、不満、も、ポジティブに、が、エクセントリックにやっていこう。
<< 高3生バージョンの「思うがままに」 | main | ボーっとなる季節 >>
部活問題

は発生しない。学校別問題が発生しないのと同様である。

音楽系部活、武道系部活、軟・硬式テニス、水泳、バスケ、生徒会、そして、陸上、etc.

なんでもありだ。なんら問題ない。

時間に来て授業を受ける。

遠征や合宿や演奏会がある。全然OK.頑張りなさい、である。参加不参加に遠慮は無用。

が、授業は進む。
授業は出席者のためにある、欠席者に配慮するこはない。

ガンガンと進む。出席者が最大の授業サービスを受けるべき
であり、

欠席者のために授業の進路を緩めるとか、深度を浅くする、ってことは全然ない。

欠席者用の補講はしない。挽回勉強は常に受け付けている。

深夜12時まで自習室はオープンである。メイルでの質問も受け付けている。

この手当は十分にしている。塾勉強の言い訳はない、言い訳の入り込む余地はない。

部活のために塾勉強がナンタラカンタラってのはなし。私が許さない。

また、部活で勉強を云々するほどの根性無しの塾生はいない、はずである。

部活問題は発生しない。学校別問題が発生しないのと同様である。




 「Today's Lesson」 へ






| setouchi-eigo | 思うがままに | 23:44 | - | - | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE