瀬戸内英語学院 「思うがままに」

教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと。
「思うがままに」ってことで 嬉しいこと、感動、驚き、幸せ、などを「思うがままに」記してみよう。
そして、不平、不満、も、ポジティブに、が、エクセントリックにやっていこう。
<< 時間配分 | main | ケアレスミスの対処法 >>
書けることを書く、書けないことは書けない。


 「自由英作」が出題される、と言っているのだが、どの程度のものを書けばよいのだろうか。

 先ずは「量」であるのだが、字数が示されている場合はOK.である。「〜程度」とある場合、

例えば、「100字程度」とあれば、95字〜105字、つまり1割の前後を考えればよい。90字

以下もしくは110字以上の仕上がりになれば、増減は接続詞で調整をすることだ。時間内

の処理であるから、動詞を動詞句にするとか、構文をかえるのは時間の許される範囲には

ないであろう。「量」でも字数ではなくて行数だけが示されている場合がある。こちらの場合、

答案用紙の大きさがほぼ一定している。大概はB5の大きさ(塾での小テストの大きさ)で

あるのだが、さて、大きく文字を書くか、小さく書くかによって字数が随分と異なってくる。

で、手本は?ということになるのだが、それは「赤本」もしくは旺文社の「大学入試問題集」

から模範解答を読み、ある程度の字数を決めることである。B5で練習をしておくことだ。

 次に「質」である。こちらも過去問から出題内容のレベルを知っておく必要がある。

「尊敬する人」とか「最も自分の人生に影響を与えた人」とか「将来の設計」とかであるが、

これは少なくとも過去5年の問題を見れば分かる。「王位継承問題について述べよ」とか

「道州制のあなたの考えを記せ」とか「アフガン問題はいかにあるべきか」を英語で書かせる

問題は出ない。(が、塾の本棚の「論点」をたまには読んでおくことも決して無駄ではない。)

過去の出題傾向、そのテーマの模解のチェック、その英文作成練習をしておくこと、は

受験の常識である。

 以上からして、結局は、過去問が勝負ってことになる。そこから求められるあろう

適正な「量」を知っておくこと、ダ。「質」は「自分に書けることを書く」ってのをポリシーに

する。これは常に言っている「自分の土俵」ということである。「医療問題について」と

出題されれば、自分の身近に落とすことだ。政治問題でも経済問題でも、「巨大地震の

対応はいかにあるべきか」と言う問題も同じである。「自分の土俵」におろすことだ。が、

そもそもこのような問題が君の大学入試問題で出題されることは99.9%ない。くどいが、

もし出題されれば「自分の土俵」で「自分の言葉」で書くことだ。「自分に出来ることが

自分に出来ること。出来ないことは出来ない」のである。勉強を怠れ、ってことではない。

常に自分の出来るテリトリーを拡大し、深化し、高める必要はある。この努力は継続

していかねばならない。

 英作内容の推敲は適度であること、ダ。採点者は君の思想を知りたいわけではない。

適切に英文が書かれているか?を知りたいのである。教育学部でピアノの実技がある

として、その学部が求めているのはショパンコンクールの出場者レベルではない。

ピアノが弾ける基礎技術の有無である。書道の実技があって、そこで空海や王羲之の

再来を期待しているわけでもない。大学が必要とする素養の有無を見ているのだ。

英作も主語と動詞が整っていること、文法・構文が適正であること、それを調べて

いるわけだ。シェイクスピアや、サリンジャーや、モームの英語レベルの有る無しを

試験しているわけではない。英文が整っていることを求めているのだ。

 オーストラリアの知識はコアラとカンガルーだけならば、それを書くことだ。

持っている最大の英語力を用いて書く、これがベストである。かの国の天然資源とか

農業の将来性、とか観光産業をテーマにするのもOK.だが、その知識がゼロに

近いものならば、コアラとカンガルーの知っていること、生の動物たちから、キャラクター

となったこの動物たちのことを書くのが最上の策である。「幼稚だね!」と言われても

大丈夫だ。知識を持ち合わせていないフィールドをミススペルと規格外の文法で

書くことはいくつも地雷を踏むことり、致命傷となのは必定である。「幼稚だ」と言われて

30点満点の21点と、無知の分野を文法を誤りゴジャの単語で書いて7点では、

受験では前者の方法を取るのが当然のコンコンチキチである。


 で、結局は「書けることを書く、書けないことは書けない」という必然の結論である。

試験場ではこれを頭に入れておくことだ。「自分の土俵で、」これ一言である。

まだまだこの「土俵」を広げていく努力をしていかねばならない。私もである。

励んでいきましょう。頑張っていきましょう。


 焦っている K君へ、










| setouchi-eigo | 高3生へ、 | 19:15 | - | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE